Model3 Life!

2018.8 テスラ モデル3 予約. / This is not the place to just deliver the simple facts. This blog is to show what I'm really passionate about.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【Model3】 テスラ モデル3 内覧会 行ってきました(写真15枚)






2018/11/8、テスラ ラゾーナ川崎プラザ にて
日本初となる 「 テスラ モデル3 の 内覧会 」 が 行われましたので、行って参りました。


Tesla Model3



黒をバックに 「 MODEL3 」 というだけのシンプルな表記
シンプルさを貫いている モデル3のアイデンティティが、こんなところにも表現されています。






Tesla Model3



モデル3の予約者のみ、という表記が為されておりました。
(店外からモデル3を見ることは出来ました)






Tesla Model3



こちらの受付で、モデル3の予約番号の確認がありました。
私も、無事予約されていることを確認致しました 笑






Tesla Model3



今まで、Youtubeなどでは散々見てきた私ですが、実物を見るのは初めて。

現在用意されているカラーでは、もっとも高価なオプションとなっている
「レッド・マルチコート」ですが、思っていたよりもずっと綺麗な色でした。






テスラ モデル3 レッド



塗装の質感や、色の出方などは、
私が予想していたよりもずっと上質で、いい意味で裏切られた、という印象。






Tesla Model3



シンプルなスカッフプレート。
個人的には、嫌いじゃないです。






テスラ モデル3 タイヤ銘柄



タイヤは、コンチネンタル PROCONTACT RX という銘柄。
サイズは、前後同サイズで 235/40R19でした(オプション)






Tesla Model3



こちらは、フランクと呼ばれる、ボンネットの中にあるトランクスペース。

機内持ち込みサイズのキャリーバッグが収まる大きさ、とのことでした。
必要にして十分、といった感じです。






Tesla Model3



フロントを横から見た図。

いかにも空力の良さそうなデザインですね。
ウインカーの下からも、空気が抜けていくようにデザインされています。






テスラ モデル3 木目



こちらは、ダッシュボード部分のアップ。

ブラックのインテリアだったので、ここは木目調のデザインとなっていますが、
単純なプリントではなく、木目に沿ったテクスチャとなっています。

華美ではありませんが、安っぽいという印象はありませんでした。
こちらも、必要にして十分といった感じ。






Tesla Model3



こちらは、ドア部の肘置き。

長い間使ってもヤレないような、腰のある硬さがありました。
ドア面のところの生地はアルカンターラのような風合いでした。






Tesla Model3



シンプルさを追求したこのデザインは、好みが分かれそうですね。
もちろん、私は非常に気に入っています :-)






テスラ モデル3 エアコン操作



こちらは先日のバージョンアップで変わった、エアコンの操作部。
風の向きをリアルタイムに表示するこの方法は、実に秀逸なUIですね。

モデル3のUIの中でも、特にお気に入りの部分です。






テスラ モデル3 充電UI



こちらは、充電状況を表すUI。
満充電だと、490kmぐらいでしょうか?

このUIも、すごく好きなんですよ 笑






Tesla Model3



限られた時間での内覧でしたので、駆け足になってしまいましたが、
今回、確認したかった 「 質感 」 については、私の予想を超えていた、とレポートしておきます。

もちろん、それは相対評価にしか過ぎませんので、
今、乗っている、BMW3シリーズ(F30)と比較して、ということになります。



華美な装いは避け、あくまでシンプルに。

けれど、使っている素材は、
同セグメントと比較しても、良いものをチョイスしているな、と感じました。



モデルSの廉価版、という立ち位置ではなく、

モデル3とはどうあるべきか?という観点に立って、
それぞれを決定していった
、という思想が伝わってきます。



例えば、ステアリングやシート表皮などの素材はクオリティ高く、
逆に、ドアの自動開閉や、エアサス、そしてメーターパネルさえも、スパッと切り捨てる。


多機能を廉価版で盛り込むのではなく、
機能を絞り込むことによって、残したものに対しては 良いものを選ぶ。

結果として、実にスッキリとしたモノ に なった気がします。



塗装も、各パーツも、
どれもこれも私の予想を良い意味で裏切ってくれた今回の体験。

早くて、あと1年は先であろう納車日まで、
他の候補を検討することなく、モデル3を待てる気にさせてくれました。


映像で見て十分に惚れ込んでいた私ですが、
実際に見たら、それ以上に気に入ってしまった という内覧会でありました。



お し ま い ♪








関連記事

| Tesla Model3 | 15:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT