Model3 Life!

2018.8 テスラ モデル3 予約. / This is not the place to just deliver the simple facts. This blog is to show what I'm really passionate about.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【オフ会】 P100D のLUDICROUSな世界






テスラオーナーの方とオフ会をさせて頂きました。




今回、オフ会をさせて頂いたのは、モデルS の オーナーの方

先日のオフ会 の際に、「 P100Dに試乗してみない? 」 と、気さくに声をかけて下さったので
お言葉に甘えさせて頂き、友人のA氏と共に伺ったのでした。







こちらが、その方の愛車 「 テスラ モデルS P100D

0-100km/h加速 2.7秒という、スーパーセダンです。






その加速がどれほどのモノなのかは、こちらの動画を見て頂ければわかります。






世界の名だたるスーパーカーとの発進加速対決をし、互角以上の加速を見せております 笑

※ 先頭を走っている白いセダンが、テスラ モデルS P100D です。










メーターパネルの、P100D の文字が誇らしげであります。










生憎の雨模様ですが、果たしてどうなるのでしょうか? 笑











早速、試乗ポイントに移動して、ハンドルを握らせて頂きます。



(クリックして頂くと、1500*1000サイズに拡大致します)




操作パネルより、最速モードである LUDICROUS を選択してみるものの

路面状況が最悪の中で、あの大トルクを開放していいものなのか迷いましたが 笑
少し慣れた頃にガバっと踏んでみると、一瞬の間を空けることもなくとてつもない加速をする P100D


それは、今までに乗ってきたどのクルマとも違う体験で
タイヤのグリップ限界を超えているんじゃないか?と思うぐらいの加速G


まさに ワープ







(クリックして頂くと、1500*1000サイズに拡大致します)




フロントウインドウの雨粒が凄い勢いで吹っ飛んでいくのとは裏腹に
車内はとても静かで、まるでリニアモーターカーにでも乗っているような感覚

コーナーでも、フロントの軽さと圧倒的な低重心で
何の不安もなく、スーっと曲がっていってしまうのには恐れ入りました。




速いと言われるクルマには、随分と乗ってきたつもりですが
それらとの絶対的な違いは、エンジンの回転上昇を待たない ということ

頭では分かっていたつもりでしたが、
実際に体験してみると、まさに LUDICROUS (※)

※ 馬鹿げていて笑ってしまう という意




その気になれば、こんなことだって出来るんだぜ? という
イーロンマスクが世界中のクルマ好きたちにふるまった世界最速のシャレ

それを味わわせて頂いた一日となりました。



このあと、お台場SC(スーパーチャージャー)で
初のSC体験もさせて頂くのですが、それはまた別の記事で紹介させて頂きます。


そちらも、なかなか驚きに満ちておりましたヨ










関連記事

| Tesla Meeting | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT