Model3 Life!

This is not the place to just deliver the simple facts. This blog is to show what I'm really passionate about.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【Model3】 ワイパー ビビリ音の解消(撥水ワイパーへの交換)





テスラ モデル3が納車されて、まもなく1ヶ月が過ぎようとしております。


この間に、数回の雨を経験しまして、親の仇かと思うほど荒ぶるオートワイパーの動きや
雨量が少なくなってくるとバタつき始めるワイパーのビビリ音に、少々辟易としております 笑

前者は、イーロンマスクが改善をほのめかす発言をしていましたので そちらに任せるとして、
今回は、後者につきまして、弊員が導入したものについてご紹介致します。




まずは、製品のご紹介






BELLOFより発売されている、超撥水ワイパーです。
私はAmazonで購入致しました。


運転席側
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07SYJHLCT/

助手席側
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07SWY8VFP/





実際に届いたパッケージは、こちらになります。
カー用品店などで購入する場合の参考にして下さい♪
















続いて、取り付けについて、です。


~ ワイパーブレード 組み立て編 ~



本製品は汎用品のため、複数種類のアタッチメントが同梱されておりました。




使用するものは、こちらのアタッチメントで、
写真のように組み合わされた部品を引き出して、ワイパーブレードに取り付けます。








ワイパーブレードに取り付けた状態です。

アタッチメントの向きに不安を感じる方は、
後述する方法で、純正ワイパーを外して「向きを確認してから」取り付けて下さいネ


おそらく、アタッチメントは取り付けてしまうと もう外せません…







~ ワイパーブレード 取り付け編 ~


ここまで来てしまえば、それほど難しくはありません。





サービスの中にある、ワイパーサービスモードを ONにして下さい。

すると、ワイパーが10cmほど動いて止まります。






ブレードの真ん中にある四角いボタンを押しながら、
ブレードを少し押し下げつつ、助手席方向にグッと引き抜きます。


取り付ける時は、その逆になります。
パチンと音がするまで差し込んでください。



※ ワイパーサービスモード中の注意 ※

作業途中でクルマを動かす事態になった場合、
Dレンジに入れると、ワイパーが元の位置に戻りますので、
Dレンジに入れる前に、ワイパーブレードを装着しておいて下さい。












これまでに 3回ほど雨の中を走行しましたが、
いわゆるビビリ音というようなものは発生していません。

せっかくの静かな車内なのに、バタバタっとビビるのは残念ですしね。


静音化計画 第1弾の完了であります









★ モデル3をちょっとわかった風になる講座 ★

第1回 【SC?FSD?って何?】 テスラに関する基礎用語 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

第2回 【SC?チャデモ?急速充電器?】 充電に関する基礎知識 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

第3回 【大きさは?買い方は?】 モデル3に関する基礎知識 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-118.html



★ その他、オススメ記事 ★

テスラ モデル3 納車時チェックリスト New!
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-143.html

テスラ モデル3 日本発売 正式価格&グレード情報 (2019/5/31時点) 7/16追記
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-128.html







関連記事

| Model3 Modify | 14:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT