Model3 Life!

テスラ モデル3が納車されました♪ / This is not the place to just deliver the simple facts. This blog is to show what I'm really passionate about.

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

テスラ モデル3 納車時チェックリスト(和訳版)





梅雨も明けて、夏本番となった日本
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

早い方であれば、
もう1ヶ月後には納車されている、という人も出てくる時期となりましたネ


そこで、かねてより準備しておりました
納車時チェックリスト(和訳版) を 公開致します。






こちらは、海外の方が作成されたチェックリストを和訳したもので、
その和訳の作業も、海外在住の友人にまるっとやって頂いた代物であります。
(7/30追記: 私が重要と思う項目に絞りました)

Special thanks N san. :-)


チェックリスト(PDF)は、こちら からダウンロード出来ます。




今回の納車時チェックリストの原本(英文)は、
以前、03.さんの記事で紹介されていたものです。

下記記事に詳細があります。 03.san Thanks! :-)

Model 3 Delivery Checklist
https://minkara.carview.co.jp/userid/3073817/blog/42499697/











本当に、まもなく、という感じになってきましたね。

皆さん、心の準備は出来ていますか?笑








★ モデル3をちょっとわかった風になる講座 ★

第1回 【SC?FSD?って何?】 テスラに関する基礎用語 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

第2回 【SC?チャデモ?急速充電器?】 充電に関する基礎知識 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

第3回 【大きさは?買い方は?】 モデル3に関する基礎知識 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-118.html



★ その他、オススメ記事 ★

テスラ モデル3 日本発売 正式価格&グレード情報 (2019/5/31時点) 7/16追記
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-128.html







| Model3 Tips | 11:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モデル3の駐車場事情をあの方が調査してきてくれました!





モデル3は日本の駐車場に合致するのか?

その疑問、あの方が調べてきてくれましたよ。






そう、TAKAさんです(流石ですね!






まず向かわれたのが、GINZA SIX(シャレオツだな~






横にスライドさせて格納していくタイプのタワーパーキング。
六本木ヒルズでも、このタイプがありますね。

見ての通り、難なく飲み込まれていきました~♪


※ モデルXだとこのタイプでもダメな場所があるんだとか…(どんだけ~










続いて、タイムズ的ないわゆるコインパーキングです。
馴染みのあるところが出てきて、ホッとしている弊員であります。











タイヤと白線の位置関係はこんな感じ。

うん。問題ないですね♪




モデル3の全幅は1849mmということですので、
日本車ですと下記あたりの車種と同じぐらいということになります。


▼1840mm
スバル レガシィ
トヨタ カムリ

▼1850mm
ホンダ アコード
トヨタ アルファード

▼1875mm
ホンダ シビック タイプR


アルファードと同じ、と聞くと、デカいんだな~と思ってしまいますけど、
シビックより細いんだと聞くと、安心しますね?!













さて、そのTAKAさんですが、
モデル3の動画を作るにあたって、ご意見を求めているとのことです。

本日(7/11) 21:30より、Youtubeでライブ放送をされるとのことなので、
皆さんも是非参加して、どしどし意見を伝えてみてはいかがでしょう?



会場は、こちらです。

TAKAさんLive #3【テスラモデル3のここを動画で見たい!を募集します】
https://www.youtube.com/watch?v=K1RuKabyATw






私も参加させて頂く予定です♪







★ 今回紹介した動画は、こちらです ★







★ モデル3をちょっとわかった風になる講座 ★

第1回 【SC?FSD?って何?】 テスラに関する基礎用語 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

第2回 【SC?チャデモ?急速充電器?】 充電に関する基礎知識 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

第3回 【大きさは?買い方は?】 モデル3に関する基礎知識 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-118.html



★ その他、オススメ記事 ★

テスラ モデル3 日本発売 正式価格&グレード情報 (2019/5/31時点) New!
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-128.html







| Model3 Blog | 11:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テスラ モデル3は、安全なクルマ、というお墨付き





テスラ モデル3を対象とした、EURO NCAP の テストが行われました。






EURO NCAP とは(※Wikipediaより引用)

ヨーロッパ圏内で販売されている自動車の安全性を衝突実験と衝突予防性能試験により検証し、
その結果を公表することで、ユーザーに市場で販売される自動車の安全性の目安となる情報として提供し、
自動車メーカーに対してより安全な自動車開発を促す目的で行われている。

世界各国で実施されている同様の調査の中では
もっとも知名度が高く権威があるものとされている。












まず、私が注目したのが、64km/hでのオフセット衝突。
一昔前であれば、もっとも厳しい試験と言われたのが、このオフセット試験でした。

フロントを完全に当てるフルラップ衝突と違い、
ボディの一部だけが当たるオフセット衝突では、当たった側(運転席)のドアが開くかどうか?が、
一昔前ではその基準として重要視されていた部分でした。


モデル3の場合は、キャビンの変形はもとより、Aピラーすら殆ど変形していません。
(つまり、非常に優秀だ、という意味です)

もちろん、ドアも完全に開くと思われます。










続いて注目したのが、こちらの試験。
電柱を想定したようなバーに向かって、真横に滑って激突する衝撃的な試験。

思わず、エグっ!という言葉が出そうな当たり方ですが、
驚くべきことに、モデル3はこの場合においても、キャビンの変形がほぼ見られませんでした。

また、更に驚くのは、ガラスルーフもほぼ完全な状態で残っていること。
これには、私も正直言って驚きました。










参考までに、最高評価の★5を得ている他車の事例です。

ぶつかったポイントは大きくひしゃげて、ルーフも大きく変形しています。
しかし、常識的に考えれば、あの速度でああいう当たり方をすれば、こうなって当然なのです。

モデル3が異常なだけ、です。


昨今のクルマは、非常にボディ剛性が高く、ねじれ剛性なども飛躍的に向上してきました。
しかし、モデル3の場合は、そういう次元を超えていると言わざるを得ません。

もちろん、床面に敷き詰めているバッテリーが、その役目を担っている訳ですが、
それにしても、ここまで凄まじい効果を生み出しているというのは、私も衝撃でした。






ここまでが、パッシブセーフティ(衝突時の安全)

続いて、アクティブセーフティ(衝突しないための安全)です。






こちらは、60km/hで走行中に、前方に歩行者がいた場合のケース。

左が昼間、右が夜間ですが、どちらも難なく停止しています。
もちろん、人間が操作した訳ではなく、モデル3が自動で停止をした、ということになります。










こちらはクルマの影から子供が飛び出してきた想定です。

正直言って、これは私が運転していても止まれないと思いますが、こちらも停止出来ています。
これで、一度でも助かった(ぶつからなかった)のなら、それだけで元は取れた、と思うでしょうね。











EURO NCAPの試験は、年々その基準を厳しくしていますが、
今回、モデル3は、満点である★5を獲得しました。

得点だけを見れば、★5を取っているクルマは他にもありますが、
モデル3のそれは、想定されている結果の最上位を目指してきた、という気迫を感じます。




たくさん売るクルマだからこそ、コストダウンをする、のではなく
たくさん売るクルマだからこそ、安全性能では一切の手を抜かない、という執念。


運転を安全にし、歩行者にも安全を、
走りはAPで快適に、しかし運転の楽しさも捨てず、
停止している時には子供も楽しめるようにゲームを配信し、
車内で待つワンコにもクーラーを利かせる配慮をし、
クルマから離れている時には、自動で見張りをするモードまで付いている。

それが、エントリーグレードから最上位グレードまで、全て標準装備、だということ。




これまでは面白そうだから、という理由でモデル3が欲しかった私ですが、
今回の結果を見て、テスラという会社、イーロンマスクという男の執念を感じました。


世界最高のクルマを作る

言葉で言えば簡単なことですが、
これほどまでに理想を追求し続けているクルマを、私は他に知りません。


静止画では伝わらない迫力は、是非下記動画で確認してみて下さい。

ポールに当てる試験が如何に厳しいものか、
そして、不幸にもそうなったとしても、生き残れる可能性があること、

また、突然の飛び出しにも、クルマが対応してくれること。


それが、どれほど凄いことなのかが、一目でわかると思います。







★ 今回紹介した動画は、こちらです ★





★ モデル3をちょっとわかった風になる講座 ★

第1回 【SC?FSD?って何?】 テスラに関する基礎用語 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

第2回 【SC?チャデモ?急速充電器?】 充電に関する基礎知識 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

第3回 【大きさは?買い方は?】 モデル3に関する基礎知識 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-118.html



★ その他、オススメ記事 ★

テスラ モデル3 日本発売 正式価格&グレード情報 (2019/5/31時点) New!
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-128.html







| Model3 Blog | 14:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |