Model3 Life!

テスラ モデル3が納車されました♪ / This is not the place to just deliver the simple facts. This blog is to show what I'm really passionate about.

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

モデル3のオーダーを祝う会が開催されました





2019年6月某日、都内でとある組織の会合がありました。






いかにも、悪だくみしてそうなメンバーですね 笑













閑話休題 :-)



Model3 Life! としての、初のオフ会が開催されたこの日

参加して下さったのは、こちらの皆様でございます。







TAKAさん, Teslatelier(テスラアトリエ)さん, 03.さん, そして私の計4名。


この日は、モデル3を無事オーダー出来たことをお祝いする会 でした





思い起こせば、イギリスでの受注が始まった 5/1

日本では 令和の幕開けとなったこの日でしたが、
モデル3のオーダー待ち民にとっては、ヤキモキが最高潮に達した頃でもありました。





数日後には (オーダーが)始まるかもしれない…

そんな淡い期待を抱きながら、F5を連打していたあの頃…





しかし…

GW中までと言われていたFSDの価格改定の日が過ぎても始まらず…
7,500km分のSC無料券が付与される5/28を過ぎても始まらず…



オーストラリアでモデル3の認可が下りたという情報も入るも、
日本にはそのような情報も全くなく、我々はもう疲れ果ててしまいました…

(F5を連打していた指も、もう折れ曲がっていました)






そんな、
いつ始まるのか分からないモデル3のオーダーまでの日々を、
慰め合い、励まし合って生きてきた 私と03.さん。



その数日後、その日は突然やってきたのです。



全く予想もしていなかった、5/31の昼過ぎ

いつものように、テスラアトリエさんの紹介ページを開いて、
モデル3をオーダーするボタンを押したところ、見たこともないページが!


あの時の指の震えは、今でも覚えています。
(おおちちつけけ…)




すぐさま、03.さんの Lineに連絡しつつ、
誰よりも早く、オーダーを入力していった私。

勢い余って、FSDまで注文したのはいい思い出。



03.さんからは、なんの反応も無かったので、
あまりの興奮に失神して病院に運ばれたのか?と思いましたが、

なんと、携帯を家に置き忘れてきていたという神プレイ


じゃんじゃん通知が鳴り響くのを、
奥様が怪訝な顔で見ていたそうです 笑

> さて、昨日は携帯電話を自宅に忘れた結果、
> 日中通知や着信がたくさんありリビングで鳴り続けた為に
> 「原田龍二的な何かじゃないよね?」と嫁に疑われました。







そんな苦労を乗り越えてきた、同じ時期を過ごした私たちですから、
もう結婚してもおかしくないぐらいの仲の深まりようで

とりあえず、お祝いに行こう! ということになりまして、この日を迎えた訳です。




そして、TAKAさんとテスラアトリエさんにもゲストとして来て頂き、
この日の会合に花を添えて頂きました♪(お忙しい中、ありがとうございました)






モデル3が無事納車されましたら、
このような輪を少しずつ広げていきたいと考えております。


これからも、Model3 Life!を どうぞ宜しくお願い致します。









★ モデル3をちょっとわかった風になる講座 ★

第1回 【SC?FSD?って何?】 テスラに関する基礎用語 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

第2回 【SC?チャデモ?急速充電器?】 充電に関する基礎知識 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

第3回 【大きさは?買い方は?】 モデル3に関する基礎知識 7選
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-118.html



★ その他、オススメ記事 ★

テスラ モデル3 日本発売 正式価格&グレード情報 (2019/5/31時点) New!
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-128.html







| Tesla Meeting | 12:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Tesla】 オーナーズクラブ 発足ミーティング 参加






TOCJ の キックオフミーティング に 参加させて頂きました。

※ TOCJ = Tesla Owners Club Japan








キックオフミーティングは、テスラ名古屋の店舗で開催されました。

先日書いた 長距離ドライブの目的地 は こちらでした。










会場には、例のアレと思われる一台も展示されております。

※ 後で、アンヴェールされました。










開宴時刻に近づき、少しずつ人が増えてきました。

この後、私も 受付をお手伝いさせて頂きました。










キックオフに駆け付けて下さった、テスラジャパンの吉田カントリーディレクターのご挨拶。










吉田様のご発声で、TOCJキックオフの乾杯となりました






今回、TESLAtelierさんのご紹介で、私もTOCJの末席に加えさせて頂き、
オーナーズクラブの発足ミーティングに立ち会わせて頂けたこと、大変感謝しております。



モデル3の日本市場導入まではまだ時間がありますが、
私のように、モデル3の登場によって、初めてEVに興味を持つ人は多くなると思います。

そのような方に、わかりやすく、
そして、もっと興味を持ってもらえるようなサイトにしていきたいと思っています。










今回、500km以上の距離を モデルSで駆け抜けました。

その安定感、疲れの少なさ、そして 自分で運転した時の楽しさ など、
テスラというクルマ、そしてテスラという会社の魅力を 益々感じた旅となりました。



その感動を伝え、ひとりでもいいからファンに引きずり込みたい


そんな気持ちで、これからも運営していきたいと思います。




TESLAtelierさんには、重ね重ね感謝致します。

TOCJの皆様、今後とも どうぞ宜しくお願い致します。









| Tesla Meeting | 11:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オートパイロットで行く 250kmの旅






長距離のドライブに行ってきました。

そう、テスラ モデルS で。




運転させて頂いたのは TESLAtelier(テスラアトリエ)さんの愛車 「 Model S 90D 」

オートパイロットは、もちろん最新の Ver.9 でした。




(画像をクリックすると、拡大ver.になります)


※ 再生可能エネルギー(風力発電) と モデルS(EV) との コラボ






走行した 250kmのほぼ全区間をオートパイロット(AP)で。

1回のトイレ休憩をはさみ、それ以外はノンストップで駆け抜けました。





◆ 感じたこと


オートパイロット(以下、AP)は、当初想像していたよりも遥かにラクでした。

控えめに言って、
疲労感は、普段私が乗っているクルマの 3分の1 程度...




・ステアリング操作をクルマが行なってくれること
・車間調整をクルマが行なってくれること



頭では分かっていたことですが、
これらが、これほどまでに疲労を軽減してくれるとは思いませんでした。




(画像をクリックすると、拡大ver.になります)


※ SCでチャージ。航続距離がぐんぐん回復していきます...(20分で200kmぐらい?)





APがONの状態での、モデルSの運転の安定感。
ゆえに、安心して任せておける、という点が大きいのだと思います。

車間距離の取り方や、ブレーキを掛けるタイミング、
ステアリングを切ってカーブを曲がっていく時のスムーズさ
など、

まるで、熟練したドライバーが運転しているような感じ で、安心して任せていられる。


アクセルからもブレーキからも足を離し、
右手で、軽くステアリングにテンションを掛けているだけで

モデルSは、当たり前のように目的地に向かって走ってくれました。









250kmの道のりを自分のクルマで走る時、
いつもならば、途中で 15分程度の休憩を 2回は取ります。

また、残り○○kmだから △△分ぐらいだな、と
常に、頭の中で距離を意識をしながら運転しています。


それが今回は、
「 残りの距離を全く気にしていない自分がいた 」 んですね。


こんな稚拙な書き方で、どの程度伝わるのか分かりませんが 笑
この感覚の変わり方には、自分自身が一番驚きました。





長い距離を走るというのは、
楽しくもあり、一部ではストレスでもあります。

渋滞に巻き込まれるなら、尚更。



その疲れを全く気にする必要がないという世界。




頭では分かっていたつもりだったけれど、
体験してみて、改めてその素晴らしさを感じました。

オートパイロットに任せた方が安全だ、と
テスラモーターズファンさんも良く仰っていますが、その気持ちが良く分かりました。


私も、早く モデル3に乗りたい。

その意を強くした、今回のドライブでした。






今回のドライブの目的地の話については、別記事でまとめようと思います。

TESLAtelierさん、貴重な体験をありがとうございました。











| Tesla Meeting | 14:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オフ会の続き】 お台場SC初体験の正直な感想






走行写真撮影&試乗 の 続きは、SCの初体験となりました。

向かったのは、すぐ近くにあった お台場SC (スーパーチャージャー)



初めて来るのに、初めてのような気がしないのは、気のせいでしょうか?






無事、到着いたしました♪










先客のモデルSさんがいらっしゃいました。

SCは2基で1セットと予習済ですので、1台空けて停める意味も十分理解しております。
先輩方の動画が大変参考になっております。










とは言え、初めて来る場所なので、写真を撮りまくっております。










ほぼMAXの速度(114/120kW)で充電中♪


ここに来る前に 27%だった充電残量も、すぐに 30%に達します。

この時の時刻は AM8:45



SC利用の場合、1時間分の駐車無料券を頂けますので、
1Fにある防災センターに向かいます。

なぜか 初めてのような気がしません










温かいカフェラテを頂きつつ、充電を待ちます。
もちろん、テスラトークで大いに盛り上がりました♪








※ AM9:06

約20分で 30%→68%まで回復していました。


B1F→1Fに上がり、防災センターで無料駐車券を貰い、
ローソンでパンとカフェラテを買って、テーブルについてものの数分...

そういえば...と スマホを取り出して、
アプリを見せてもらった時には、もう 68% になっていた、という感覚でした。

カフェラテもまだ半分しか飲んでいません。





このブログでは、極力 EV寄りの発言はしないように 気を付けているのですが 笑
それでも、あの僅かな時間で?というのが、正直な印象。

ここから電池保護のために充電速度が緩やかになっていくため、
お近くにお住まいなら、70%程度で切り上げてしまうのが時間的に良さそうですね。


ちなみに

充電残量が 30%あれば、お台場から 御殿場SCまで(約110km) 行けてしまうんですね。


そんなもんで着いちゃうんだ、と これもちょっと驚かされました。




=====



私の場合は、近くにテスラSCが無いので、CHAdeMO運用になります。
充電性能は 40~50kWですから、20分で 20%回復すれば御の字かな?というレベルです。

この辺は、実際に納車された時に詳しくレポートしようと思いますが、
先日、朗報と言えるニュースが飛び込んできました。



GoGoEVさんのサイトより

【EV・充電インフラ】H31年度・EVおよび充電インフラに関する政府予算案
https://ev.gogo.gs/news/detail/1540624413/




抜粋しますと、

既存充電スタンドにおける
充電設置数の追加や、出力増強 なども、補助金の対象とする。



... とのことです。




つまり、今1基しかないところに、2基目が増えたり、
普通充電器だったところが、150kWになったりする可能性も出てくるということ?!

ニワトリ(充電器の普及)が先か、タマゴ(EVの普及)が先かとよく言われますが、
ようやく、日本でも「第二次インフラ増強時代」を迎えようとしているのかもしれませんね。



ガソリン価格の高騰もあって、少しずつEVに目が向き始めているのを感じます。
サービスエリアなどに、充電器が3台..4台..と並び始めると、次はEVでもいいかな?と感じる人も増えてくることでしょう。

この補助金が、その流れのきっかけになってくれると嬉しいですね。








| Tesla Meeting | 11:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オフ会】 P100D のLUDICROUSな世界






テスラオーナーの方とオフ会をさせて頂きました。




今回、オフ会をさせて頂いたのは、モデルS の オーナーの方

先日のオフ会 の際に、「 P100Dに試乗してみない? 」 と、気さくに声をかけて下さったので
お言葉に甘えさせて頂き、友人のA氏と共に伺ったのでした。







こちらが、その方の愛車 「 テスラ モデルS P100D

0-100km/h加速 2.7秒という、スーパーセダンです。






その加速がどれほどのモノなのかは、こちらの動画を見て頂ければわかります。






世界の名だたるスーパーカーとの発進加速対決をし、互角以上の加速を見せております 笑

※ 先頭を走っている白いセダンが、テスラ モデルS P100D です。










メーターパネルの、P100D の文字が誇らしげであります。










生憎の雨模様ですが、果たしてどうなるのでしょうか? 笑











早速、試乗ポイントに移動して、ハンドルを握らせて頂きます。



(クリックして頂くと、1500*1000サイズに拡大致します)




操作パネルより、最速モードである LUDICROUS を選択してみるものの

路面状況が最悪の中で、あの大トルクを開放していいものなのか迷いましたが 笑
少し慣れた頃にガバっと踏んでみると、一瞬の間を空けることもなくとてつもない加速をする P100D


それは、今までに乗ってきたどのクルマとも違う体験で
タイヤのグリップ限界を超えているんじゃないか?と思うぐらいの加速G


まさに ワープ







(クリックして頂くと、1500*1000サイズに拡大致します)




フロントウインドウの雨粒が凄い勢いで吹っ飛んでいくのとは裏腹に
車内はとても静かで、まるでリニアモーターカーにでも乗っているような感覚

コーナーでも、フロントの軽さと圧倒的な低重心で
何の不安もなく、スーっと曲がっていってしまうのには恐れ入りました。




速いと言われるクルマには、随分と乗ってきたつもりですが
それらとの絶対的な違いは、エンジンの回転上昇を待たない ということ

頭では分かっていたつもりでしたが、
実際に体験してみると、まさに LUDICROUS (※)

※ 馬鹿げていて笑ってしまう という意




その気になれば、こんなことだって出来るんだぜ? という
イーロンマスクが世界中のクルマ好きたちにふるまった世界最速のシャレ

それを味わわせて頂いた一日となりました。



このあと、お台場SC(スーパーチャージャー)で
初のSC体験もさせて頂くのですが、それはまた別の記事で紹介させて頂きます。


そちらも、なかなか驚きに満ちておりましたヨ










| Tesla Meeting | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オフ会】 Teslatelierさんとお逢いさせて頂きました





弊ブログでもご紹介させて頂いている Teslatelierさんのチャンネル

なんと、Teslatelierさん と、急遽お逢いさせて頂くことになりました (^o^)






待ち合わせは、外苑前にある SHAKE SHACK (シェイク・シャック) というハンバーガー屋さん

シャレオツな外観ですな 笑








待ち合わせより、1時間半も早く着いてしまいましたので、近くのカフェで時間調整中 w









定刻通り Teslatelierさんと、ご友人たちがご到着。
早速、ハンバーガーにかぶりつきつつ、テスラの話題で盛り上がります。

テスラ以外にも、色んな話題に花を咲かせつつ、夜はあっという間に更けていきます。






帰りは、偶然にも同じ方面だという Teslatelierさんに送って頂いちゃいました。







こちらは、テスラのナビに表示された SC (スーパーチャージャー)のマップ。
各拠点毎に何基設置され、内何台が使用されているかが表示されています。

佐野と御殿場でそれぞれ1台ずつ、横浜で 2台が充電中のようですね。

そんな情報が見られてしまうところに、未来を感じてしまう私です 笑






Teslatelierさんの助手席で味わう、モデルS の首都高走行。

それは、自分が運転した時以上に、鼻先の軽さと低重心を感じられるものでした。

一瞬の「姿勢を作るタメ」もなく、スーっと曲がっていってしまうあの感覚と
どこまでも静かに加速していく感じは、今までに乗ったどのクルマとも違いますね。


遮音された静かさと、元々音がしない というのは、全く違うもので
身構えるまでもなく発進するのは、本当に新しい感覚です。


足回りに不満がある、と 仰る方もいるようですが、
大分高いレベルでのお話のようですね 笑

正直、私が不満に感じる部分は無さそうです 笑



お別れ直後、お見送りの時にモデルSが走り去っていくシーン

エンジン音が高まることもなく、ワープするように遠ざかっていく姿を見て
イーロンマスクは、ホントに とんでもねぇもんを作ったな と 笑っちゃいました 笑


私も早くモデル3を運転したい!

そんな気持ちを更に高めた夜となりました。



ご一緒させて頂いた皆さん、ありがとうございました。

Teslatelierさん、今回は大変お世話になりました。
今後とも、宜しくお願い致します。







こちらが、Teslatelierさんのチャンネルで最初に拝見させて頂いた動画です。





この動画が無かったら、私がモデルSを試乗しに行くこともなく
そして、モデル3を予約することも無かったでしょう。

あれから、2ヶ月


テスラオーナーの方とお話をさせて頂いて
益々、テスラ熱が高まってしまった私なのでした








| Tesla Meeting | 10:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |