Model3 Life!

2018.8 Tesla Model3 reservation. / This is not the place to just deliver the simple facts. This blog is to show what I'm really passionate about.

≫ EDIT

はじめに(当ブログのご案内)



※ 当記事は先頭に固定しています。
※ 最新記事は、この次の記事になります。


< 趣 旨 >

当ブログは、集合住宅に住む筆者がEVを所有出来る、
つまり イケる!と 判断出来るまでを検証していくブログです。

尚、2018/7現在、EVに関する知識は皆無。
筆者の住むマンションに、充電設備は無し。
更に、電気に関しても、庶民以下の知識しか無い、という絶望的状況であります。



< 目 的 >

テスラ モデル3の購入を目標とするにあたり、
EVに関する一般常識 及び テスラ社特有の問題がないか、を理解する。

次々回の車検期限である 2021/12/31までに モデル3をマイカーとしている、
もしくは 本発注を済ませていれば、本ブログの目的は達成されたものとします。



2018/7/31 記






2018/8/15 追記
モデル3の仮予約を致しました。




< 当ブログ オススメ記事 >




↑ 【Model3】 テスラ モデル3 内覧会 行ってきました(写真15枚)
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

【初歩的な疑問】 充電時間と航続可能距離
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

【Model3】 最新版見積価格 3グレード分 (2018.8.19時点)
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

【Model3】 黒内装と白内装の違い ~ シートに差がありました ~
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

【Tesla】 延長保証とメンテナンスプラン
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

【Tesla】 モデルSを試乗してきました(75D)
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

[コラム] 私がテスラを好きになった理由
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-37.html

【オフ会】 P100D のLUDICROUSな世界
https://teslamodel3.blog.fc2.com/blog-entry-65.html





| EV全般 | 23:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Model3】 モデル3内覧会の紹介 ~ 自動車系メディアの記事より ~






先日の モデル3内覧会を終えて、各社の記事も上がってきたようです。
目についたところをいくつかピックアップしてみました。


ベストカー
約500万円のテスラ日本初上陸!!! その驚愕な中身に唖然
https://bestcarweb.jp/news/49382

グーネット
テスラのニューモデル「モデル3」を国内発表。小型サイズでより身近な存在に
https://www.goo-net.com/magazine/107924.html

WebCG
テスラ、最新型EV「モデル3」を国内で披露
https://www.webcg.net/articles/-/39788

クリッカー
【新車】テスラ・モデル3が日本で公開。気になる価格、ボディサイズは?
https://clicccar.com/2018/11/12/651887/

CarWatch
テスラ、シンプルで手ごろな新型EV「モデル 3」日本初公開
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1152420.html

オートックワン
テスラ 最新モデル「モデル3」日本初展示!|国内での納車は2019年後半以降か
https://autoc-one.jp/tesla/launch-5003146/











以下、各記事から読み取った内容に、適当な補足


< サスペンション形式 >
F: ダブルウィッシュボーン、R:マルチリンク

※ 贅沢な組み合わせですね


< ボディサイズ比較 >
4694x1849x1443(テスラ・モデル3)
4625x1800x1440(BMW3シリーズ・F30・日本国内の現行モデル)
4910x1860x1475(BMW5シリーズ・F10・先代モデル)

全長は 3シリーズより 7cm長い
全幅は 先代5シリーズとほぼ同じ(1cm)

※ 幅広、胴短のため、縦横比はバランスがいい


< ロングレンジモデルの重量 及び 重量配分 >
車重: 1847kg(F: 48%, R:52%)


< 充電料金 >
スーパーチャージャー利用料金: 1分/32円

※ 30分充電=約1000円=約300km走行分ぐらい?








| Tesla Model3 | 09:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【動画ご紹介】 TAKAさんが見るモデル3のクオリティ






あの TAKAさんも、モデル3を見に行かれたようです。
TAKAさんの感想を聞いてみたかったので、早速拝見させて頂きました。





このタイトル画面、シンプルだけど オシャレだな~
適当品質っていうセンス、最高です。(^^)v










今回は1Fでの展示、2Fが待合所になっていたようですね。












写真では分かりにくかった各部の質感、塗装については、
TAKAさんも、悪くないという感想だったようです。










トランクルームの広さを指して、必要にして十分。










ふふふ 笑


今回、上開きにしたのは何故なんでしょうね?

プラグが雨に濡れにくいようにかな?
私は、CHAdeMO運用になると思うので、ありがたいですけどね。










車体の大きさは、モデルSやモデルXを見慣れた自分からすると、
思っていたよりも小さく、実に 「 ちょうどいい 」 という感じでした。

日本人にはちょうどいいサイズのように見えるので、
アメリカ人には小さいんじゃないかな?とも感じるのですが
あれだけ爆発的に売れているのですから、「 必要にして十分 」 だったのでしょうね。










発売後にも賛否両論あると思うシンプルなインテリア。
私は、この新しさに惚れ込んでしまいましたが、物足りないと感じる方も少なくないでしょうね。










そう、このピラー部の質感も悪くなかったんですよね。
もちろん、高級感たっぷり、という意味ではなく、必要にして十分、という意味で。










運転席をTAKAさんのドライビングポジションに合わせた時の
リアの居住空間を確認するTAKAさん

広いな~ということはないですが、
小一時間閉じ込められている分には十分だな、という感じでしたね。


私がちょっと気になったのは、
後部座席の背もたれが少し立ち気味だな、と感じた所です。

常時4人乗るような使い方をする人は、
そのあたりを確認された方が良いかもしれません。













今回、TAKAさんのコメントで一番多かったのが 「 必要にして十分 」

これは、私も感じた モデル3をもっとも的確に表した言葉 だと思うんですね。


just about right

不足なく、必要以上でもなく、必要にして十分。



車内や収納の広さは必要十分、塗装や各部は必要十二分。
初めてDセグメントを作ったとは思えない、実に上手い線を突いていると驚かされます。


何かを我慢させるという選択の仕方ではなく、
これぐらいのところにしておいたらちょうどいいでしょ?
という、そのさじ加減の上手さには、今回本当に驚かされました。


TAKAさんとは、
そのあたりの感覚が近かったみたいで嬉しかったです 笑






今回ご紹介した動画は、こちらです。


「モデル3 特別プレビュー:テスラ青山」に行って来た 【TESLA Model3 Special Previwe in Aoyama】









| Tesla Model3 | 11:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Model3】 テスラ モデル3 内覧会 行ってきました(写真15枚)






2018/11/8、テスラ ラゾーナ川崎プラザ にて
日本初となる 「 テスラ モデル3 の 内覧会 」 が 行われましたので、行って参りました。


Tesla Model3



黒をバックに 「 MODEL3 」 というだけのシンプルな表記
シンプルさを貫いている モデル3のアイデンティティが、こんなところにも表現されています。






Tesla Model3



モデル3の予約者のみ、という表記が為されておりました。
(店外からモデル3を見ることは出来ました)






Tesla Model3



こちらの受付で、モデル3の予約番号の確認がありました。
私も、無事予約されていることを確認致しました 笑






Tesla Model3



今まで、Youtubeなどでは散々見てきた私ですが、実物を見るのは初めて。

現在用意されているカラーでは、もっとも高価なオプションとなっている
「レッド・マルチコート」ですが、思っていたよりもずっと綺麗な色でした。






Tesla Model3



塗装の質感や、色の出方などは、
私が予想していたよりもずっと上質で、いい意味で裏切られた、という印象。






Tesla Model3



シンプルなスカッフプレート。
個人的には、嫌いじゃないです。






Tesla Model3



タイヤは、コンチネンタル PROCONTACT RX という銘柄。
サイズは、前後同サイズで 235/40R19でした(オプション)






Tesla Model3



こちらは、フランクと呼ばれる、ボンネットの中にあるトランクスペース。

機内持ち込みサイズのキャリーバッグが収まる大きさ、とのことでした。
必要にして十分、といった感じです。






Tesla Model3



フロントを横から見た図。

いかにも空力の良さそうなデザインですね。
ウインカーの下からも、空気が抜けていくようにデザインされています。






Tesla Model3



こちらは、ダッシュボード部分のアップ。

ブラックのインテリアだったので、ここは木目調のデザインとなっていますが、
単純なプリントではなく、木目に沿ったテクスチャとなっています。

華美ではありませんが、安っぽいという印象はありませんでした。
こちらも、必要にして十分といった感じ。






Tesla Model3



こちらは、ドア部の肘置き。

長い間使ってもヤレないような、腰のある硬さがありました。
ドア面のところの生地はアルカンターラのような風合いでした。






Tesla Model3



シンプルさを追求したこのデザインは、好みが分かれそうですね。
もちろん、私は非常に気に入っています :-)






Tesla Model3



こちらは先日のバージョンアップで変わった、エアコンの操作部。
風の向きをリアルタイムに表示するこの方法は、実に秀逸なUIですね。

モデル3のUIの中でも、特にお気に入りの部分です。






Tesla Model3



こちらは、充電状況を表すUI。
満充電だと、490kmぐらいでしょうか?

このUIも、すごく好きなんですよ 笑






Tesla Model3



限られた時間での内覧でしたので、駆け足になってしまいましたが、
今回、確認したかった 「 質感 」 については、私の予想を超えていた、とレポートしておきます。

もちろん、それは相対評価にしか過ぎませんので、
今、乗っている、BMW3シリーズ(F30)と比較して、ということになります。



華美な装いは避け、あくまでシンプルに。

けれど、使っている素材は、
同セグメントと比較しても、良いものをチョイスしているな、と感じました。



モデルSの廉価版、という立ち位置ではなく、

モデル3とはどうあるべきか?という観点に立って、
それぞれを決定していった
、という思想が伝わってきます。



例えば、ステアリングやシート表皮などの素材はクオリティ高く、
逆に、ドアの自動開閉や、エアサス、そしてメーターパネルさえも、スパッと切り捨てる。


多機能を廉価版で盛り込むのではなく、
機能を絞り込むことによって、残したものに対しては 良いものを選ぶ。

結果として、実にスッキリとしたモノ に なった気がします。



塗装も、各パーツも、
どれもこれも私の予想を良い意味で裏切ってくれた今回の体験。

早くて、あと1年は先であろう納車日まで、
他の候補を検討することなく、モデル3を待てる気にさせてくれました。


映像で見て十分に惚れ込んでいた私ですが、
実際に見たら、それ以上に気に入ってしまった という内覧会でありました。



お し ま い ♪








| Tesla Model3 | 15:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Model3】 モデル3 内覧会 開催予定






日本でも、ついに モデル3 を見られる時が来たようです。

テスラより 「 モデル3の予約者を対象にした内覧会 」 を 行う旨の連絡を頂きました。






実物を見ないとわからない 質感 などを中心に、確認してこようと思います。


後日、こちらで報告致しますね。






| Tesla Model3 | 10:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Tesla】 V9配信により得られた世界






オーストラリア在住のテスラ系Youtuber テスラモーターズファンさん

ついに、バージョン9(V9)が配信されたとのことで、そのレポートをして下さっています。
画面周りの変更も別動画でアップされていますが、今日はオートパイロットの話から。






今回の大きな目玉は、車両の全てのカメラを使い始めた点 ですね。
左下の画面で 「 左後ろからクルマが近づいてきている 」 のが分かります。

クルマ側がそれを認識し、表示してくれている。
それを分かった上で自動運転をしていますよ、という安心感に繋がりますね。










こちらは 「 追い抜いているクルマがトラックのようなロングボディ 」 だという例。

今回のバージョンから、トラックやバイク、更には自転車や歩行者まで、
様々な物体を認識し、その種別通りに表示してくれています。



様々な情報を、カメラから受け取り、正確に処理していく。

自動車で道を走る、という、高度なことを
ひとつひとつプログラムに落とし込んできたテスラのオートパイロット。











私は、今から3年前に、こちらの動画↓を見て
いつか、こんなクルマに乗る日が来るんだろうな、と 漠然と考えていました。

※ 動画のリンクは記事のラスト






首都高を自動運転で走り、合流まで自動でこなしてしまう。


大げさなレーダーが屋根の上でクルクル回っていなくても、もうここまで出来るんだ?!
と驚いたのを、昨日のように思い出します。





なのに、それから僅か3年で、
私自身も首都高でオートパイロットを経験してしまいました。

今までの進化のスピードとは明らかに違う
猛烈な変化の真っ只中にいるんだな、と 強く感じる今日この頃です。




納車後にも、こうして楽しみが続くのだから
テスラに乗っている人が、次もテスラを買うというのも納得です。


これで、品質がグンと良くなれば、
大手を振って友人たちにも勧めるんだけどな。








今回ご紹介した動画は、こちらです。


オートパイロットV9のインプレッション(テスラモーターズファンさん)






夢の自動運転が実現!トヨタが高速道路で実験、合流もスムーズ!



※ こちらは 2015年10月の動画です






| Tesla 全般 | 14:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【オフ会の続き】 お台場SC初体験の正直な感想






走行写真撮影&試乗 の 続きは、SCの初体験となりました。

向かったのは、すぐ近くにあった お台場SC (スーパーチャージャー)



初めて来るのに、初めてのような気がしないのは、気のせいでしょうか?






無事、到着いたしました♪










先客のモデルSさんがいらっしゃいました。

SCは2基で1セットと予習済ですので、1台空けて停める意味も十分理解しております。
先輩方の動画が大変参考になっております。










とは言え、初めて来る場所なので、写真を撮りまくっております。










ほぼMAXの速度(114/120kW)で充電中♪


ここに来る前に 27%だった充電残量も、すぐに 30%に達します。

この時の時刻は AM8:45



SC利用の場合、1時間分の駐車無料券を頂けますので、
1Fにある防災センターに向かいます。

なぜか 初めてのような気がしません










温かいカフェラテを頂きつつ、充電を待ちます。
もちろん、テスラトークで大いに盛り上がりました♪








※ AM9:06

約20分で 30%→68%まで回復していました。


B1F→1Fに上がり、防災センターで無料駐車券を貰い、
ローソンでパンとカフェラテを買って、テーブルについてものの数分...

そういえば...と スマホを取り出して、
アプリを見せてもらった時には、もう 68% になっていた、という感覚でした。

カフェラテもまだ半分しか飲んでいません。





このブログでは、極力 EV寄りの発言はしないように 気を付けているのですが 笑
それでも、あの僅かな時間で?というのが、正直な印象。

ここから電池保護のために充電速度が緩やかになっていくため、
お近くにお住まいなら、70%程度で切り上げてしまうのが時間的に良さそうですね。


ちなみに

充電残量が 30%あれば、お台場から 御殿場SCまで(約110km) 行けてしまうんですね。


そんなもんで着いちゃうんだ、と これもちょっと驚かされました。




=====



私の場合は、近くにテスラSCが無いので、CHAdeMO運用になります。
充電性能は 40~50kWですから、20分で 20%回復すれば御の字かな?というレベルです。

この辺は、実際に納車された時に詳しくレポートしようと思いますが、
先日、朗報と言えるニュースが飛び込んできました。



GoGoEVさんのサイトより

【EV・充電インフラ】H31年度・EVおよび充電インフラに関する政府予算案
https://ev.gogo.gs/news/detail/1540624413/




抜粋しますと、

既存充電スタンドにおける
充電設置数の追加や、出力増強 なども、補助金の対象とする。



... とのことです。




つまり、今1基しかないところに、2基目が増えたり、
普通充電器だったところが、150kWになったりする可能性も出てくるということ?!

ニワトリ(充電器の普及)が先か、タマゴ(EVの普及)が先かとよく言われますが、
ようやく、日本でも「第二次インフラ増強時代」を迎えようとしているのかもしれませんね。



ガソリン価格の高騰もあって、少しずつEVに目が向き始めているのを感じます。
サービスエリアなどに、充電器が3台..4台..と並び始めると、次はEVでもいいかな?と感じる人も増えてくることでしょう。

この補助金が、その流れのきっかけになってくれると嬉しいですね。








| Tesla Meeting | 11:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT